ベランダ・壁の防水 4つのこだわり

  • 0120年耐久のウレタン防水をオススメしています。
  • 02下地処理を念入りに行います。
  • 03シーリングの増し打ちか打ち替えを状況に応じてご提案します。
  • 04付帯部分のシーリングも細かくチェックしお見積もりします。

0120年耐久のウレタン防水をオススメしています。

20年耐久のウレタン防水をオススメしています。
一般的なFRPトップコートはメーカー保証が5年しかありません。実際に、改修するのは10年超なので改修するときには保証が切れてしまっています。
弊社は20年相当の保証の防水工事を行い、保証期間内にメンテナンスを行っていただくことでメンテナンスコストをさげるご提案をしています。

02下地処理を念入りに行います。

下地処理を行わないと防水材が膨れてきてしまい、劣化を早めてしまいます。
防水は下地処理が重要です。弊社では下地処理を念入りに行ってから、下塗りを行いウレタンを流すことで、長期間持つ防水工事を行います。

03シーリングの増し打ちか打ち替えを状況に応じてご提案します。

シーリングの劣化状況、施工箇所によって、増し打ちか打ち替えのご提案を行います。
施工箇所によっては、増し打ちしか対応できない箇所や打ち替えを行わないといけない箇所を細かく分けます。

04付帯部分のシーリングも細かくチェックしお見積もりします。

アヤノ塗装の現地調査とお見積もりはその細かさに定評があります。
シーリング一式や付帯塗装一式と記載されている見積書もあるようですが、弊社は「一式」と記載せず施工する箇所を細かく記載します。
それによって、お客様に補修する箇所やご自宅の状況を細かくご理解いただけます。

loading