外壁・屋根の補修3つのこだわり

  • 01クラックをしっかり埋めてから塗装を行います。
  • 02補修できないものは交換します。
  • 03細かいクラックも放置しません。

01クラックをしっかり埋めてから塗装を行います。

クラックをしっかり埋めてから塗装を行います。
塗り替えを行う前に、クラックを補修してから塗装しないと、さらにひび割れが進み漏水の原因となります。シーリングなどでクラックを補修してから塗装を行います。クラックを補修せずに塗装することで、クラックが目立たなくなることで対応がさらに遅くなってしまうので雨漏れがひどくなる前にメンテナンスしておくことが必要です。

02補修できないものは交換します。

屋根、雨樋、雨戸、軒天井など劣化が激しく、補修だけではカバーできない場合は交換をご提案します。屋根など劣化していても、塗り替えを無理矢理行ってしまう会社もありますが、塗装だけをしても持たないという場合、弊社ではお客様に正直にお伝えします。

03細かいクラックも放置しません。

窓まわりや基礎の上の水切りの部分など細かいクラックが発生しやすい箇所は現地調査時に念入りにチェックし、細かいヒビも見逃さずに補修いたします。
こういう細かいヒビから水が入り込み、木を腐らせてシロアリが発生することがあります。そうなると建物全体が腐ってしまうことがあります。

loading