新築同様?!クリア塗装でお家を守る!

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。
弊社は屋根や外壁、付帯部分の塗装だけでなく防水や補修工事まで全てを承る塗装会社です。

今回は記事を通して「クリア塗装」の施工を施工事例のご紹介と共にご説明していきたいと思います。

 

クリア塗装とはその名前の通り、
色がついていないクリア(透明)な塗料で塗装をする施工です

「塗装なのに無色?」と思われるかもしれませんが、外壁塗装の目的は何も外壁を新しいお色にすることのみではないのです。

外壁に塗料を塗るわけですから、塗装は外壁をコーティングし、保護する役割をも持っております。
また、たとえば”ニス”のように、外壁にツヤを出すことで、外壁からお家をあたかも”新築”のように見せ、手触りをも良くすることにも期待が持てる施工であります。

クリア塗装をご希望されるお客様は、今のお家の外壁のお色や材質、木目をなどをそのままにしたいご要望をお持ちの方が多くいらっしゃいます。
築年数より外壁を新しく塗り直したいが、色を変えることに抵抗を感じてしまう方にもオススメの施工です。

が、クリア塗装には注意点がいくつかございます。
まず、

(1)原則、クリア塗装に向かない外壁も中には存在します

クリア塗装に不向きな外壁、それはサイディングがフッ素など特殊な素材でコーディングされているサイディングボードなどです。スグに剥がれ落ちてしまうことが懸念視される外壁にはクリア塗装はオススメされておりませんでした。

しかし、それはあくまで原則、元来の話です。
最近ではシリコン樹脂に特殊セラミックを配合することで無機系サイディングボードに対しても安心できる密着性を持ったクリア塗料も最近は存在します。
ですので、詳しくはお家の状況や外壁を見ないことには判断が難しいので、興味をお持ちの方はお気軽にお話をお聞かせ頂けたらと思います。

また、 (2)劣化が進んでいる外壁には施工をオススメしておりません

劣化が進んでいるとは、たとえば外壁を触るとチョークの粉のようなものが手についてしまう”チョーキング現象”が起こってしまっている外壁や、ヒビの入ってしまった外壁などを指します。
いずれの劣化であっても、”クリアな塗料を上から塗る”わけですから、劣化がそのままに見栄えが悪くなってしまうのです。

 

施工事例のご紹介、クリア塗装のbefore/after

それでは実際に施工事例をもって「クリア塗装」を画像と共にご説明していきたいと思います。



今回のお客様は「花壇や門袖と同じ色の外壁だからこれを変えずに外壁塗装をしたい」ご要望を持っておりました。
ですので希望の要は「新しいお色にすること」ではありません。そこで弊社担当より「クリア塗装」をご提案させて頂きました。

施工前の壁のツヤはこのような感じです。



こちらは階段の裏、



柱なども長年の雨風で劣化が進んでおりました。



クリア塗装を施すとどのように生まれ変わるのでしょうか。



まずは、(どの塗装もそうですが)高圧洗浄で表面の汚れを洗い落とします。 ゴミ、砂塵、油脂分などの付着物はワイヤーブラシ、かわすき、サンドペーパー、ウエスなどで除去をします。





普段は見落としがちな箇所、手の届かない箇所も表面を細かく綺麗にしていきます。





洗浄が終わったらいよいよクリア塗装を施していきます。もちろん透明ですが、ちゃんと塗料です。





屋根も同様に施工をしていきます。



家に輝きが戻り始め、完成が見えて参りました。





そして完成です!







【before】




【after】




改めて外観を見比べてみると「新築同様」と言っても差し支えがないほどにお家が生まれ変わりました!

お家の劣化は避けられません!
定期的なメンテナンスがお家の寿命を延ばします!


お住まいの外壁は紫外線や雨風など、経年劣化は避けられません。伴ってメンテナンスを怠ると建物の老朽化のスピードは進行し、気がついた時には外壁塗装だけでは修繕が効かない大掛かりな工事に発展してしまうこともあるのです。
もし今の家の外壁に少しでも心配事があればご相談頂けたらと思います。

今回ご紹介したクリア塗装はもちろんのこと、ご家庭1つ1つにあった最適なご提案をさせていただきたいと思います。

loading