マンションの雨漏りを防ぐ!屋上防水ならアヤノ塗装へ

神奈川県相模原市を拠点に戸建ての外壁・屋根塗装やマンションアパートの防水工事まで承っております、アヤノ塗装です。 弊社では様々なお問い合わせを頂いておりますが、昨今ではマンションやアパートでの外壁塗装や防水塗装のお仕事のご紹介もいただいております。 今回は築年数がかなり経過しているマンション・アパートの塗装をご紹介します。

マンションアパートのご紹介

今回ご紹介する施工物件は築年数かかなり経過しているマンションです。 これまでにあまり塗装や防水工事をしてこなっかたこともあり、雨漏りの被害が発生してしまいました。 これでは居住者へも迷惑をかけてしまうことになるため、屋上の防水塗装を行いました。 現地調査を行うと、防水層は剥がれボロボロの様子。大きなクラックは発生しています。 また、マンションの屋根の外周を囲う、笠木部分はくたびれ、腐敗していました。 この様な状態では雨漏りが発生してしまいます。 早急な施工と対応をおこないました。

屋上の防水塗装の紹介

まず初めに高圧洗浄を行い汚れを落としていきます。 その後に立ち上がり部分の施行を行います。 まずは平場にリベースと呼ばれる下地活性剤を散布します。 次にプライマー(下地剤)を塗っていきます。 それと同時に屋上の陸屋根にある雨水、雑排水や汚水などを排水するための管や溝となるドレンを交換します。 ドレンは、防水層と雨樋を繋ぐ素材で、防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。 また、この立ち上がり部分とドレン部分の接続が甘いと、そこから雨漏りになってしまうので、シーリングで補修します。 その後に、平場部分にもプライマー(下地剤)を塗っていきます。 こうなれば後はウレタン防水塗料を塗っていきます。 1回目、2回目とウレタン塗料を塗り重ねていきます。 その後、トップコートを散布して完成です。 笠木部分もシーリングを散布して隙間を埋めていきます。 以上で屋上防水の施行は完了です。 やはり塗り替えると、屋上は非常な綺麗な状態になり、防水性も向上します。 マンションアパートの塗装も同様に10年に1度のメンテナンスで十分です。

アパートの防水工事は雨漏りを防ぐ

やはり、マンション、アパートなどの建物は定期的なメンテナンスが欠かせません。 とくに、居住者の生活を考えると、屋上は雨漏りの予防のため定期的に防水工事を行う必要があります。 定期的なメンテナンスや防水工事を怠ってしまうと、防水機能が低下した箇所から雨水が浸水し、雨漏りを発生させてしまうだけでなく、躯体部分を腐敗させ建物の構造そのものに影響を与えてしまいます。 防水工事の不備による雨漏りは入居者のクレーム原因となってしまいます。

防水工事を怠るとムダなコストがかかることもある

仮に定期的なメンテナンスを行っていれば数十万程度で修繕可能なものも、数年見過ごすだけで大規模な修繕が必要になることもあります。 その場合には初期の数十倍もの費用がかかってしまうケースも少なくありません。 雨漏りによって天井が崩落してしまったり、あるいはクロスや木材を腐敗させてしまった場合はそれらの修繕も必要となります。 オーナー様の安心はもちろん、入居者に安心して生活していただくためには、定期的なメンテナンスはとても重要です。

アパートに多い雨漏りの原因は?

アパートで起こる雨漏りの原因はさまざまですが、なかでも屋上やベランダなどの防水に起因するケースが多くなります。 とくに注意しておきたいのは「ドレン」部分です。 「ドレン」とは、屋上やベランダなどの防水工事で使う排水金具のことで、ゴミなどを通さず雨水だけを流すことがおもな目的となります。 アパートやマンションの屋上防水などに設置されている「ドレン」にゴミや落ち葉などが詰まると、周辺に水が溜まって「ドレン」が錆びて劣化してしまいます。 劣化した「ドレン」は、ジョイント部に隙間ができることで、その部分から雨漏りが発生することがあるのです。 とくに6階未満のアパートなどは土埃や落ち葉が蓄積されやすいため、定期的な掃除とメンテナスが必要不可欠となります。 今回ご紹介した施行でも、改修ドレンの施行を行いました。

ウレタン塗膜防水がオススメ!防水塗装が必要ならアヤノ塗装へ

ウレタン防水は、最も一般的な工法です。 液体状のウレタン樹脂を使用するため、どんな形状でも施工が可能で、シームレスな仕上がりになります。 工事費用は比較的安く施工性がよいため、アパートやマンションの屋上やベランダなどに多く用いられており、耐用年数は10年程度です。 その他にもFRP防水等様々な補修方法がありますので、お気軽にお問い合わせください。 是非一度、アヤノ塗装へマンションアパートの防水工事をおまかせください。
loading