「屋根棟板金」が痛んだら?屋根棟板金のシーリング補修

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。 弊社は塗装だけでなく様々な外壁、内壁に関する補修も承っております。

本日、みなさまにご紹介したい施工実績は、ズバリ
「屋根」の補修と塗装にフォーカスをあてたものです。

今回ケースで言うところの屋根の補修とは「屋根棟板金」のメンテナンスを指します。

「屋根棟板金」とは……?


上記の写真に写っている金属部分の箇所を指します、
屋根棟板金は主にスレート系の屋根の面同士の接合部分を覆い、屋根材をつなぎ止めたり、雨を防ぐ役割を持ちます。

劣化が進みすぎた屋根棟板金は、強風や台風の影響でそのものが落下してしまう場合もありますが、原則的に、その”痛み”は屋根に上がって見てみるまで分かりません。

ですので、つい劣化に気が付くことが遅くなってしまう箇所でもあるのですが、
上記の通り、屋根を形成する上で、要にもなってくるので定期的なメンテナンスが必要になって参ります。

施工前の「屋根」の様子

それでは、屋根棟板金を含む施工前の屋根の様子を確認していきましょう。



屋根板金の結合部分が離れてしまっていることがお分かりになられると思います。



また、屋根自体も苔の繁殖が確認できる他、



雨を逃す、「雨樋」にも劣化を確認することが出来ました。

「屋根棟板金」にシーリング補修

それでは、施工を開始していきます。
まず、屋根全体に高圧洗浄を施していきます。





屋根棟板金の補修作業に入っていきます。
棟板金は上記の通り、「雨を防ぐ」役割を持ちます。下地に雨水が染み込み腐食をさせてしまわないためには、シーリング工事が必要不可欠になります。











このシーリングの補修で大事なポイントは、シールで補強されていない箇所がないように、気を配ることです。

「ネジ」や「ビス」の繋ぎ目は地震などの揺れで少しずつ取れてきてしまうからです。
またネジやビスがサビてしまうことも予防する目的を持たせ、それらを雨からカバーできるようシッカリとシーリング補強することが大切です。

屋根塗装

屋根棟板金の補修がすんだ後、塗装に入っていきます。
高圧洗浄で苔を流し終えた屋根に対し、塗装は3回行っていきます。



屋根棟板金にも塗装は3回施すのですが、棟板金には、”さび止め塗装”施工を行っております。







下塗りが終わった段階で、「タスペーサー」を噛ませていきます。
タスペーサーとはスレート屋根塗装に必要な「縁切り」と呼ばれる工程に必要な道具です。
縁切りを行わないままに塗装を進めてしまうと、スレート屋根同士の間にある「溝」が埋まってしまいます。



この「溝」は飾りでついているわけでなく、排水の役割を果たすためのもの、
以前は塗装後カッターで溝部分をあけることも多かったのですが、現在はタスペーサーを噛ませることが一般化されてます。

この後に、屋根部分、そして金属部分に「中塗り」「上塗り」を施し、







完成になります!

屋根の補修・塗装はアヤノ塗装にお任せください!

いかがでしたでしょうか?
本日は屋根の塗装だけではなく、屋根棟板金の補修に焦点をあて施工を紹介して参りました。

屋根の補修は塗装と同じくらいお家の機能を保つために欠かすことはできません。
外壁・屋根のお困りごとなあ是非アヤノ塗装にお話をお持ちください!
どこの会社よりも親身になり、お客様の家を生まれ変わらせるご提案をさせていただきます!

loading