「こんなはずじゃなかった!」を激減!カラーを事前にシミュレーション!

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。 弊社は屋根や外壁や付帯部分の塗装だけでなく防水や補修工事まで全てを承る塗装会社です。

お客様が屋根・外壁を塗装をご依頼した後、完成した施工物を見てより「想定していた仕上がり(色)と違う!」といったトラブルは、塗装業界でも比較的起こりやすく、お客様の心配ごとの1つであると思います。

その理由は大きく、「カラーの見本帳の中からお客様にお色を選んでいただいて、施工に取り掛かる」といったアナログな手法をとっている業者、施工の進め方が多いことに原因があります。

見本帳のカラーのみでお家の塗装の出来上がりを想像するとなると…


①色見本で見た色と、実際に施工した後で色合いが全然変わる
②プリントアウトと塗料だけで判断されてしまうと出来上がりの色は大きく変わる


事態は避けれれません。
大切なお家の塗装ですから、これでは勿論のこと”出来上がり”にご納得されないお客様も多く出てきてしまうのは当然であるのです。

弊社はそのようなトラブルを回避するため、お客様には事前に「カラーシュミレーション」を画でお見することで施工後の満足をお約束しております。

今回の記事では「カラーシュミレーション」を使った施工の流れ、並びに実際のシュミレーションの画も例に出して、順にご説明していきます。

希望をより明確にする、お客様も実際に触れるシステム

弊社では契約を頂いたのち、お客様からご希望をお伺いてより、カラーシュミレーションシステムを使ったデータをお客様に送らせて頂きます。

このデータを送った後、実はココがこのシステムの画期的なポイントの1つでもあるのですが、弊社が送ったシュミレーションデータはお客様自身の手でもそのデータをもとにお家の付帯部分や窓枠など……細かい箇所のカラー設定を行うことができます。
お客様はさながら”ペイントソフト”で遊ぶように、お家のカラーリングを自分の目で見ながら理想像に近づけていくことが可能であるのです。

システムでは色のみならず、質感もリアルに再現されます。加えて、お客様に色見本評も貸し出しすることで、PC画面上で表示される色と見比べつつ色を確かめてもらうことも可能です。
これらのことはより一層、お客様の理想のカラーリングへの”精度”を上げることに貢献するでしょう。

勿論、色の種類が豊富すぎて迷う方もいらっしゃいます。そういった場合は担当の社員が対応、すり合わせをして理想をどんどん形に落とし込んでいくお手伝いをさせて頂きますので相談して下さい。

実際のシミュレーション、そして施工例

百聞は一見にしかず。それでは実際にシミュレーションを行って施工をした1例をご覧ください。




こちらのお家は施工前のお家の画像です。こちらを実際に出来上がりをシミュレーションした画像が以下になります。





一見、リアルすぎて本物に見えてしまうかもしれませんが、これがシミュレーションシステムの予想図の再現度です。外壁の凹凸や、玄関周りの奥行き、陰影なども如実に再現します。

この画像を元に実際に施工を施したのが以下、





になります。

こちらは外壁には難しい鮮やかな青色の施工になりました。
もし、これが見本のお色だけを頼りに塗装を進めていたならば出来上がりの想像図とは違うものになっていた可能性が高いです。

これからの新基準?「予想と違う」とはもう言わせない

いかがでしたでしょうか。 繰り返しになってしまいますが、大切なお家の顔とも呼べる屋根・外壁の塗装です。
事前に最新のシミュレート技術を使い、お客様の納得いく仕上がりを”施工前”より提出、ご安心して頂くことは、これからの塗装業者にとって当たり前の仕事の1つになるかもしれません。

loading