台風15号で被害に遭われたお家、屋根に対する雨漏り対策は?

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。
弊社は塗装だけでなく様々な外壁、内壁に関する補修も承っております。

近年頻発する大型台風の発生、伴いお家への被害はみなさまの大きな関心ごとの1つであると思います。
今回弊社がご紹介する施工は2019年9月5日に発生した台風15号の被害に遭われたお家の修繕工事です。
『備えあれば憂いなし』。お客様のお家の今後の安心のためにも是非ご一読下さい。

台風の被害状況は?

さて、今回のお家、台風によって大きな損傷を受けてしまったは「屋根部分」です。





こちらの画像をご説明いたしますと、まず「棟板金」と呼ばれる金属が強風で飛んでいってしまっていることが分かります。


そもそも棟板金とは屋根の尖った部分に被せる金属の部材であり、屋根を上から押さえておく役割を持っています。その棟板金が風で飛ばされてしまっているということは、次の強風時には、”屋根”そのものまでもが飛んでいってしまう可能性も出てまいります


さらに、飛んで行ってしまった棟板金の下にある、「貫板」と呼ばれる木材にも損傷(腐敗)を確認することができ、場所によっては、屋根の下に敷く防水性能を持つ「ルーフィングシート」も見えてしまっている状態


これらが機能していないと、屋根から直接雨漏りを許してしまうことにを意味します。
本来屋根が果たすべき防水機能を取り戻すために早急な修繕工事を行う必要がございます。

お家、屋根に対する「雨漏り対策」施工の流れ

施工は「貫板」の撤去施工から始まります。腐敗が見られる貫板はのちに新しい貫板に取り替える必要があるからです。





完全に撤去をすることで、その”痛み”がありありと分かります。



新しい貫板を取付ていきます。





新しい貫板に被せるように、棟板金を取付ていきます。



シーリング施工もしっかりと行ってまいります。



今回の施工では棟板金の横からねじを入れていて、しっかりと貫板と繋げました。






そして完成です!施工前、施工後をご覧ください!


[before]




[after]


お家の雨漏りが心配な方は是非1度ご相談ください。
この機会に修繕・対策を行ってしまいましょう!

今回の現場は、10万くらいの値段での施工になりました。

普段、お家の屋根はお客様が恒常的に見られない部分でありますが、紫外線や長年の雨風で経年劣化の進行が避けられない箇所でもあります。

昨今の大型台風でお家の屋根や雨漏りが心配な方はこのタイミングで見直して見ることも良いと思われます。
簡単なご相談からで構いません。気になった方は是非1度ご連絡ください。

loading