原状復帰の塗装方法「クリア塗装」と「色あわせ」の違いとは?

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。
弊社は塗装だけでなく様々な外壁、内壁に関する補修も承っております。

塗装をご検討されるお客様のモチベーションは大きく2つございます。
1つは外観の美観向上を目的とし、既存の外壁のお色から新たなお色への変更をご希望されるもの、

そしてもう1つは、経年劣化により外壁本来の機能が低下したり、汚れが目立ってきてしまった場合の「原状復帰」を考えられることを発端とするものです。

今日は後者、外壁の「原状復帰」のご要望に対して、弊社がご提案させていただく塗装方法についてご説明させていただこうと思います。

「色自体はそのままで構わない」お客様にオススメの塗装方法は2種類

まず、「原状復帰」を目的とされるお客様は、お色の希望よりも先に機能面や汚れへのリカバリーを念頭に置かれる方が多いことは言うまでもございません。

つまり、「外壁のお色は今のままで構わない」とお考えのお客様もたくさんいらっしゃいます。

そういったご要望に対し、弊社は「クリア塗装」そして「色あわせ」の2つの塗装方法を推奨しております。

この2つにどういう違いがあるのか、次項で見ていきましょう。

「クリア塗装」は現状の外壁に透明な塗料を被せる

「クリア塗装」とはその名の通り、既存の外壁に透明の塗料を塗布し、外壁にツヤを出す塗装方法のことを指します。

「今の外壁の上に透明の塗料を覆いかぶせるように塗装を施す」イメージをしてもらうと分かり易いかもしれません。

クリア塗装は現状の外壁のお色の”まま”に外壁機能が復活させることにメリットを挙げることができます。

しかしながら、劣化の具合により、外壁が粉を吹く「チョーキング現象」を起こしてしまっている状態に施工することは出来ません。
また、場所によって色あせの差が確認できる外壁にクリア舗装を施してしまうと、その「劣化ごと塗料で閉じ込めてしまう」ことにも繋がってしまいます。
そこで、併せてご提案しているのが次にご紹介する「色あわせ」の塗装方法です。

「色あわせ」は元のお色を新しく塗り直す塗装方法

「色あわせ」とは、今の外壁のお色を調べた上で、同じ色で新しく塗り直す塗装方法です。

新築時には同じ色で塗装がされていた外壁は、日照条件や天候の影響からその劣化や色落ちの度合いも変わってきてしまうものです。



例えば、上写真のように日が当たらない箇所にはコケが生えてきてしまったり、
色褪せている部分に対して、上記ご紹介したクリア塗装を施してしまうと、場所によって色にムラが出る仕上がりになってしまいます。

そのような状態の外壁にお悩みのお客様へご提案している塗装方法が「色あわせ」であります。

既存の外壁に塗装されている塗料の色を調べた上で、同色の新しいペンキを塗り直す。
この工程をとることで家全体の外壁の色に統一感を持たせることが出来、新築の時の輝きを取り戻すことが可能になるのです。

しかし、この色合わせにもデメリットが存在します。
それは外壁全体を同じ塗料で塗り直すために、「部分的に色を残したいご要望」を叶えられないことです。
たとえば、「溝のお色が白色、そこだけは残したい」といったご希望を色あわせでは実現することが出来ないのです。

「色あわせ」に用いられる特別な機械をご紹介します!


最後に、元の外壁のお色をどうやって判断するのか、「色あわせ」に必要な特別な機械のご説明をさせていただきたいと思います。

簡易測色ツール「CUBE」と呼ばれる商品は、2017年に日本で発売が開始された後、塗装業界に瞬く間に広がったスマホ連動型のツールであります。
CUBEを色を測定したい箇所にかざし、スマホ画面に表示された色を「色見本長帳」と見比べることで近似色を現場で即座に判断できることが出来るのです。

職人の腕はもちろん技術の革新によっても、塗装業界はこれからより高品質な施工をお客様に届けすることが出来ます。

塗装はどこかのタイミングで行わなければならないお家のメンテナンスの1つ。

今の外壁の汚れや機能低下にご心配を持たれている方はぜひ1度弊社にお悩みだけでもお聞かせください。

loading