パミール屋根は早急の葺き替えが必要!その危険性とは

パミール屋根は危険?社会問題となっている経緯とは

皆さんはパミール屋根というのを聞いたことがあるでしょうか。
もしかするとテレビなどのメディアで聞いたことがあるかもしれません。
パミール屋根とは耐久性に問題があるとされているスレート屋根の屋根材です。
もしおうちの屋根がこのパミールを用いて作られているなら早急に葺き替えが必要です。

ですが、なぜこのような屋根材が一般に使われてしまうようになったのでしょうか。
パミールとは1996年から2008年にかけて大手屋根材メーカーであるニチハが製造していた屋根材です。
7年で剥離、10年でボロボロになってしまうという低い耐久性に問題があり、現在では製造中止となっています。 このような屋根材が市場に出回ったのは当時問題となっていたアスベストに代わる製品の開発が急がれ、十分な長期の耐久性への検証がないままに採用されたことが原因とされています。

しかし、このような製造責任についてメーカーは否定しているというのが現状です。
パミールは約12〜24年前の主流建材であるため、現在でもパミール屋根の住宅というのは多く存在しています。
パミールが生まれる原因となったアスベストは多くの人が耳にしたことがあるかもしれませんが、このパミールも裁判やクレームなど社会問題ともいえる状況に陥っています。
もしご自宅の屋根がスレート屋根でどこのメーカーのものかわからない、パミールかもしれないという場合には必ずご確認ください。

実際にどんな不具合が発生しているのか?

パミール屋根は出来るだけ早く変えた方がいいということですが、実際問題としてはどのような問題が起きているのでしょうか。
大きな問題としては、やはり剥がれてしまうということです。
まずは、雨水などが溜まりやすい屋根材の下端からパイのような層状の剥離が始まります。
この剥離が徐々に屋根材の端全体に広がり、屋根材が浮いてしまうことで固定のための釘も浮いてしまい、最終的に崩れ落ちてしまいます。

また、このようなことが起きる背景には屋根材の裏に湿気がたまりやすくその湿気が釘や防水紙に影響を与えているということがあるようです。
このような屋根を放置するといずれ雨漏りなどの問題に繋がるというわけです。

パミール屋根は塗装ができない?

他のスレート屋根であれば撥水性を失わないための塗装工事を行うことでメンテナンスすることができるのですが、パミールはそれができません。
なぜなら塗装でコーティングをしたとしても既に剥離が始まっており、屋根材自体の耐久度が損なわれてしまっていると塗装でコーティングしたところで意味が無いためです。
場合によっては塗装前の洗浄の時点で崩れてしまうということもあり得るため、塗装によってメンテナンスをするというのは現実的ではありません。

葺き替えがベスト!お問い合わせはアヤノ塗装へ

このような理由でパミール屋根は塗装することができません。
ですから、安全性の面を考慮しても葺き替えがベストな選択肢です。
葺き替え工事は屋根材に加えて屋根材の下にある下地板まで取り換え、完全に新しい屋根に取り換える工事です。
パミール屋根から新しい屋根にすることで屋根が軽くなり耐震性が高まる場合があるという意外なメリットもあります。

パミールの葺き替えなら、補修と防水にこだわるアヤノ塗装へ是非ご相談ください!
loading