雨漏り対策に有用な「屋根カバー工法」施工例

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。
弊社は塗装だけでなく様々な外壁、内壁に関する補修も承っております。

今回はパミールの屋根からカバー工法への施工をご紹介したいと思います。

まず『パミール』とはあまり耳馴染みのない言葉であると思いますので簡単にご説明させていただきますね。

パミールとは1996年から2008年までの間に製造されていた屋根素材、アスベストが含まれていないことをウリにした外壁メーカー「ニチハ」さんのスレート屋根第1号です。

しかし、このパミールは施工されてから劣化までのスピードが早く、一時期は消費者からの不具合報告の多さをテレビが取り上げてしまうほどに困った素材でもありました。
※現在は販売は行われておりません!

具体的には「層間ハクリ」や「ヒビ割れ」が起こりやすく、最悪の場合、自然な使われ方をされていても「ズレ落ちてしてきまう」ケースさえ存在するパミールの屋根は、「腐敗のスピード」も早く、雨漏りを引き起こしやすい屋根素材でもあります。

さて、今回弊社の施工したお家は築12,3年のお家、パミールの屋根も例に漏れず劣化が進んでおります。







今回は、施す修繕は「屋根カバー工法」です。
「ダンネツトップS&Sルーフ」と「ガルバリウム鋼板」という素材を用い、既存の屋根に重ね張りを行う工事方法をとりました。
※厳密にいえば、屋根の状態によっては既存の屋根を取り替えてしまう、「葺き替え」が適切な場合もございます。

お家の外壁、細かいところまで現地調査は欠かしません


一見、何も問題がないようにも見えますが、細かく見ていくと……











外壁にヒビが目立ち、バルコニーのドレンも劣化、汚れが確認できました。
ですので、今回は屋根だけではなく、外壁の塗装をはじめとするお家全体のリフォームを承りました。

足場を組み立てた後、まず施工部分「外壁」、「屋根」、「軒天井」、「バルコニー」に対し、高圧洗浄をかけていきます。



次は痛みの見られる「シーリング」部分にプライマーを塗布、新しいシーリングを塗り直していきます。
写真は「窓枠」、「取り合い」部分、「ベントキャップ」です。







「外壁」、「外壁ジョリパット」、「スパンドレル」、「軒天井」、「笠木」、「シャッターBOX」、「雨戸」、「排水管ケレン」、「エアコンカバー」へ下塗り、中塗り、上塗りの計3回塗装を施し、
バルコニー床にはウレタンを2回塗布した後、いよいよ「屋根」の修繕に入ります。

屋根、カバー工法の手順

※ここから数枚画像が荒くなりますが、ご了承ください!
防水性能を持った「ルーフィングシート」敷き込み施工を行い、



「ケラバ水切」取り付けを行います。



「ダンネツトップS&Sルーフ」を取り付け、



屋根の「棟貫板」を、「棟板金」で固定します。





「軒樋」、「竪樋」を取付施工したのち、





屋根重葺施工(カバー工法)の完了を持って完成となります!

カバー工法及び外壁塗装完成!












こちらが修繕を完了したお家になります。美観はもとより、耐久性も取り戻しました!

弊社アヤノ塗装は「カバー工法」も承れます!
今雨漏りや屋根の老朽化が心配な方はぜひ1度ご相談ください!

いかがでしたでしょうか、弊社は塗装会社ではありますが、金属を扱うカバー工法でお客様のお家の屋根を修復することも可能です。

昨今の台風被害に伴ってか、最近では雨漏りに関するご相談を受けることが多くなってきたように感じます。
築年数が経っているお家であればあるほど雨漏りへの懸念は増してしまいますが、なかなか屋根の劣化状況を確認する機会はありません。

ご心配であれば、まずはご相談よりお持ち寄せください。厳密な現地調査の元、適切な施工であなたのお家を守ることをお約束します。

loading