築20年以上のお家を蘇らせた外壁塗装

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。 弊社は塗装だけでなく様々な外壁、内壁に関する補修も承っております。

本日も外壁塗装の施工実績をお伝えさせていただきます。
本日ご紹介する外壁塗装は、築20年以上の間なかなか塗装に踏み切ることのできなかったお客様のお家です。

まずは、早速施工前の状態を確認していきましょう!

チョーキング現象や、大きな汚れ、付帯部分の破損が目立つ


通常10年を目安にメンテナンスを必要とされる外壁塗装ですが、一度タイミングを逃してしまうと…… なかなかに踏み切る勇気はなくなってきてしまうものです。

今回のお家も一見は問題がなさそうに見えてしまいます。
しかしながらよくよく、注意して見てみると……



かべに大きな”汚れ”を確認することが出来たり、













お家の付帯部分や、窓枠近くのサイディング壁に破損・劣化を確認することが出来ます。



シーリング部分も新しく取り替えねばなりません。





ウッドデッキやバルコニーも、蘇らせることが出来そうです。

チョーキング現象とは?




また、1つ特記事項としては、今回のお家では「チョーキング現象」を確認することができました。
チョーキング現象とは、長年雨風紫外線に晒された外壁の塗料に含まれた合成樹脂が分解され、粉状になってしまう現象のことです。

写真のように、触るとチョークの粉が手に付着したようになります。

チョーキング現象は外壁塗装をする他ありません!早速取り掛かっていきたいと思います!

 

まずは高圧洗浄からです、外壁やバルコニー、駐車場に至るまで、余す所なく洗浄を施していきます!





洗浄が終わったら、外壁塗装の第1段階、「下塗り」に入ります。



次に「中塗り」、と「上塗り」を施します。
下塗りと色を変えてあることは、塗り残しやムラを視認できることにも役立ちます。





仕上がりの色となる「上塗り」はお客様のご要望通り、箇所によって塗り分けております。



「軒天井通気口」や「軒樋」の金属部分にはケレンで研磨をかけることで、塗料がのりやすくなります。





軒天井通気口には「サビ止め塗料」を塗布、「軒樋」は他箇所同様3回の塗装を施します





軒天井は塗料を塗る前にシーリングを打設していきます。



「破風」にもケレン施工をした後、シーリング、塗装を施します。







庇も同様、ケレンをかけた後に、サビ止めの塗料を下塗りとして「中塗り」「上塗り」を施していきます。



この「赤い」塗料が、サビ止めの塗料です。





「シャッターボックス」、そして「換気扇フード」も同様の手順です。









続いて施工はバルコニーに移ります。
バルコニーにはシーリング施工を行った後、「プライマー」と呼ばれる接着剤の役割を果たす下地を塗布していきます。



プレイマーを塗布するのは、その上の防水性に優れた塗料を塗布するためです。
バルコニーにもプライマーを含め、計3回の塗装を施します。



最後は「ウッドデッキ」、意外に思われるかもしれませんが、ウッドデッキもケレンをかけた後、塗装をすることで本来の輝きを取り戻します。







そして、完成になります!

20年の時を経て新築のように生まれ変わった!

【before】



【after】



いかがでしたでしょうか?
今回は、破損個所の全補修、取り替えに加え、お客様が「塗装でお家のイメージを変えたい」ご要望もお持ちでいらしたので、「黒色」と「クリーム色」のツートンカラーで仕上げる施工になりました。

黒色を全面に持ってきてしまうとお家自体に重い印象も与えかねますが、クリーム色をお家の上部に塗布することで、スマートな印象を持たせることができます。

上でも同じようなことを書きましたが、

「もう自分の家は(補修・塗装)が間に合わないのではないか?」

などと、悲観的になることはありません!

今のまま放っておくことで、金額も後々高くついてしまうことにもなりかねません。
お家の外壁・屋根で気になる箇所があるなら是非ご相談を!
弊社はお客様の家の状況ごとに寄り添った提案を心がけ、これからも安心して住み続けられるお家を保ち続けるお手伝いをさせていただきます!

loading