神奈川県相模原市 屋根・外壁塗装工事

本日は弊社が承った塗装メンテナンスについてご紹介します。
お客様からご依頼いただいたタイミングは丁度、メーカー保証が切れる、「築10年ピッタリ」のタイミングでした。



さて今回のメンテナンスでまず、フォーカスを当てたいのは「クリア塗装(クリアー塗装)」という技術です。これはお客様のご希望によりを施工を致しました。

 

クリア塗装とは?

「クリア塗装」を簡単にご説明させて頂きますと、用いるのは通常の色のついた塗料ではありません、その名の通り”透明な”塗装仕上げ材です。

実際に画像でご説明すると、
【施工前】

【施工後】

と、色を再度塗布しないことで、表面をカバー、またツヤ出し・コーティングを目的としたのがクリア塗装です。
画像を見ていただければわかる通り、元々の素材の色や模様のデザインを活かしたままに、メンテナンスをすることがメリットであります。

現地調査の結果

さて、施工前、現地調査時では、
下地も傷ついていなく
外壁の色もほぼ変色が確認できない
ヒビ割れもない
一見これといった目立った痛みはないように見えたのですが、
1ヶ所、「コーキング」だけやせ細っておりました(痛み・劣化の確認ができました)

施工の流れ

さて施工は外壁・屋根の高圧洗浄から始まり…。

外壁・軒天井




破風ケレン


軒樋

庇下・中・上


基礎水切上


幕板


竪樋ケレン


上記箇所は2回以上塗装、
劣化をしていたコーキングには外壁ジョイントシーリング充填施工を施し、





完成です。





10年を目安に!予防もかねて「メンテナンス」を

塗装はその見た目をも新鮮にしてくれる他、お家を守ってくれる役割も果たしております。

メンテナンスは人間の健康診断と一緒。主だった外傷が目立たなくとも「定期的なメンテナンス」をしておくことで、見た目もそうですが、しっかりとした外壁を保つことにも繋がるのです。

今回のお客様はメーカー保証が切れる前、10年ぴったりにメンテナンスをご依頼して頂きましたが、これはお客様の経済的な立場からしてもメーカー保証内でございますし、
専門的な立場からしてもまさにベストなタイミングと言えることができます。

と、いうのも、10年以上外壁を放置、15年〜などのお家には、ほぼどこかしらにひび割れ等の経年劣化が見て取れるようになってくるからなのです。

お客様のお家は大丈夫でしょうか?目立った痛みがなくても年月を重ね、雨風・日光により想像されている以上に経年劣化が進んでいるかもしれません。手遅れにならないうちに、メーカー保証内であればなおのこと、塗装のメンテナンスを推奨させて頂きます。

チョーキング現象時は「クリア塗装」は出来ません

さて、最後に、今回の「クリア塗装」、すべての家に施工は可能かといえば、現地調査をして見ないことには施工ができるかどうかわかりません。

言い換えればお家の外壁が「チョーキング現象」が起こしていると施工は難しいです。

チョーキング現象とは、外壁が長年の雨風・日光にさらされることによって、表層が劣化、塗料表面がまるでチョークのような粉状になって現れてしまう現象。状態のことを指します。

クリア塗装の性格上、チョーキング現象が起こっている外壁に塗装をすることは、「粉の上に塗ることになってしまう」ために外壁が”まだら”状になってしまい、どうしても目立つのです。

ごく稀に、粉状になった外壁を高圧洗浄で綺麗にするから大丈夫と思われる方もいるのですが、高圧洗浄したからといって全部のチョーキングが取れるわけではないのです。

ですので、チョーキング現象が起きてしまった場合、「クリア塗装」では十分な補修になりませんので、ご理解をしていただけたら幸いです。また、そうならない前にも早めのメンテナンス・ご相談をお持ち寄せください。

loading