施工事例:藤沢市の外壁塗装 潮風で痛んでしまう箇所とは?

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。 弊社は塗装だけでなく様々な外壁、内壁に関する補修も承っております。

本日のお客様は中古物件で一戸建てを購入、定期的なメンテナンスを目的に弊社にお問い合わせして頂きました。

よく見られる戸建ての物件ではありますが、図面が無かったので今回は家を全部測るところから弊社のお仕事が始まりました。

 

お客様が懸念されていたのは外壁のひび割れと汚れ。


更にはルーフバルコニーから屋根の様子が伺えるため、屋根の状態にも気を揉んでいらしておりました。

藤沢市の外壁塗装 施工前の様子

 

それでは今回のお客様のお家の施工前をみていきましょう。

 

 

 

お家自体が家に囲まれているため、日当たりがよくありません。
日当たりが悪いと、苔が繁茂する原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

お客様が気にされていた、ひび割れです。

 

 

 

お客様が問題視されていた箇所の他、弊社が現地で調査を行い気になった点は軒天井の通気孔に確認できたサビです。

 

 

お家に使われる鉄製の素材は潮風の影響を受け錆びやすい問題を持っています。

 

 

 

今回のお客様のお家は藤沢市、海が近いお家では雨風、日光の他潮風までもが経年劣化を進行させる原因となります。

 

 

藤沢市の外壁塗装 施工の流れ

それでは施工の流れを見ていきましょう。

まずは高圧洗浄からです。苔の汚れを気にされていたので、徹底的に洗い流します。

 

 

高圧洗浄を行う箇所は塗装を施す箇所全てに及びます。


「外壁」や「屋根」はもちろん、「軒天井」、「バルコニー床」細かいところまで見逃しません。

 

 

 

 

「シーリング」をプライマーを塗布し、充填していきます。

具体的には「窓枠」と外壁と軽天井の「取り合い」(つなぎ目)、「ベントキャップ」に施工をしていきます。

 

 

 

 

外壁を「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回に分けて塗装を施していきます。

 

 

金属部分にはケレンをかけていきます。


ケレンは高圧洗浄で落とせない汚れを研磨することに目的があり、施すことで塗料が密着しやすくなります。

「屋根棟板金」にケレンをかけた後、屋根に塗装を施します。外壁同様3回に分けて行われます。

 

 

 

 

今回屋根には破損箇所を確認できなかったため、「吹き替え」ではなく塗り直しで対応をしています。

次は「軒天井」です。

サビが確認できた「通気口」にはケレンをしっかりかけたあと3回塗装。下塗りの段階で「サビ止め」を入れてあります。

潮風が当たる藤沢市ならではの施工……と、いったところでしょうか。

 

 

 

 

「シャッターBOX」、「堅樋」、「エアコン配管カバー」も同様、ケレンをかけた後に3回塗装を施します。

 

 

 

 

バルコニーの「笠木」部分(バルコニーで、ちょうど手をおく箇所です)にもケレンをかけた後、3回塗装を施します。

 

 

 

「基礎水切」も同じ要領です。細かい箇所であっても塗料が思わぬところに飛んでいってしまわないよう、養生も欠かしません。

 

 

バルコニーにはプライマーを塗布した後、ウレタンを2回塗布、防水に特化した塗装を行っていきます。

 

 

 

「軒樋」ジョイント部分が外れてしまっていたので、新しいパーツを取り付けます。

 

 

 

藤沢市の外壁塗装 施工完了

 

 

 

 

 

 

 

定期メンテナンスも緊急時も、
外壁・屋根のことならアヤノ塗装へ

今回のお客様のお家は、環境による経年劣化が目立っていたとまとめることが出来ます。

 

日当たりが悪い箇所は湿気により、苔の汚れを心配しなくてはなりませんし、潮風の当たる家では特にサビに注意しなくてはならないからです。

 

弊社が提供するのは、ただの塗装でなく、塗装を通したお家のメンテナンス、補修です。仕事を完遂するためには、劣化の状況と原因を深く把握しておく必要があります。

お客様のお家も環境によって、劣化が早い箇所があるかもしれません。

定期的なメンテナンスも緊急事態も、お困りごとがあればアヤノ塗装にお任せください!

loading