施工事例:劣化の早い屋根材「パミーユ」を使用していればすぐにご連絡を

町田市・相模原市の屋根・外壁塗装会社、アヤノ塗装です。
弊社はお家の塗装に関することであれば全て承っており、多くのお客様からお問い合わせをいただいております。
今回はあきる野市にある住宅の経年劣化した外壁・付帯部分の塗装の塗り替えと屋根材の張り替えを行ないましたのでご紹介致します。

ニチハのパミールについて

今回の施工で特徴的だったのは何といっても屋根の塗装です。
こちらの画像をご覧ください。

屋根が大幅に劣化してしまっています。画像では分かりにくいかもしれませんが、こちらの屋根は少し触っただけですぐにボロボロに崩れ落ちてしまう程、脆い状態なのです。

実はこの屋根は建築業界では大きな問題として取り上げられていた屋根なのです。
というのもこちらの屋根材ですが、ニチハ株式会社が製造・販売していたパミールという屋根材です。パミールは一般的にスレート(化粧スレート・カラーベスト・コロニアル)と呼ばれる屋根材で、1996 ~ 2008 年まで販売されていました。

この屋根材が発売される際にアスベストの問題が世論で騒がれ始めた時期で、従来まで屋根材に使われていたアスベストがいきなり規制になったため、なんとかアスベストを使用しない屋根材の開発に追われた結果この様な屋根材ができてしまったようです。

この屋根材の寿命は大変短く10年程だと言われています。
この様な屋根材を使用されているお家はすぐに連絡して葺き替えを行うべきでしょう。
実際に劣化によって屋根材が落ちてしまうといったケースもあるようです。

この屋根を使用しているとどうなるのか?

ニチハのパミールは非常に劣化が早い屋根材です。
放置しておけばご覧の写真のようにまるでミルフィーユ状にボロボロになってしまい、簡単に崩れ落ちてしまいます。また、釘も大変もろいのが特徴で釘頭が錆びて無くなってしまうことが確認されています。
そのため、何度も言うようですが非常に脆い屋根材であるのが特徴の屋根材なのです。
だからこそこれらのメーカーを使用しているお家は早急な葺き替えが必要ですが、素人の方が屋根に上って確認するのは非常に危ないことなので、我々のような屋根に上ることに慣れている職人を呼んでください。

屋根の葺き替え

それでは屋根材の葺き替えの様子をご紹介します。
今回は全ての屋根を葺き替えました。

▲施工前の状況

▲すべてを葺き替えました。

▲完成

この様に屋根を全て変えるとお家が一気に印象が変わりますし、屋根材の落下の危険もありません。

外壁塗装

今回は屋根の葺き替えと外壁塗装のご依頼もいただきましたのでご紹介します。

外壁塗装

▲施工前

▲高圧洗浄

▲下塗り~上塗りへと進めていきます

コーキング材

▲コーキング材を剥ぎます

▲プライマーを散布します

▲コーキング材を注入していきます

▲形状を整えます

▲これで完成 以上になります。

この他にも軒下やベランダ付帯部分などすべて丁寧に塗装していきました。

いかがでしたか?
ニチハのパミールの屋根材を使用している方は、劣化によるお家の資産価値を落とすだけでなく、崩れ落ちる可能性もあるため、近隣の方々に危害を加えてしまう可能性があります。
是非、これらの屋根材の使用が分かりましたらアヤノ塗装へ早急にご連絡下さい。

loading